人気のデジカメ

カシオはコンデジ界を昔からけん引してきたメーカー

あのテレビでもお馴染みの細川茂樹がオススメ!



カシオ「EXILIM EX-Z2000」
シーンモード「ベストショット」は40種類も用意。レンズは35ミリ換算26〜130ミリの光学5倍ズーム。最大1280×768ピクセルのHD動画撮影機能も可能

 「カシオはコンデジ界を昔からけん引してきたメーカーですからね。数年前からの流れですが、とにかく『押すただけ”できれいな写真が撮れますよ』っていう簡単さがウリですね。夜景だろうが夕焼けだろうが逆光だろうが“押すだけ”」(KSプロデューサー)

 有効1410万画素CCD搭載の高画素化は当たり前。さらにマルチCPUの「EXILIMエンジン5.0」を採用したことによって、画像処理速度をこれまでの1.3倍に高速化した。Sプロデューサーも推すフルオート撮影機能「プレミアムオート」は、逆光や夕日などの撮影シーンを自動認識し、被写体の位置や顔なども自動検出してくれる。さらに撮影パラメーターも全自動で最適化。1枚の写真の中で人物と背景に異なる補正をかけてくれるなど、とにかく “押すだけ”で美しい写真を約束してくれるのだ。

 「デジタルファンデーション……カメラが勝手に肌のテカりを抑えて、しかもきめ細かい肌になりように撮影してくれるんだって? これ一台あれば写真館いらないじゃん!」(細川茂樹)

 熱血バイヤーの驚きの言葉に、目をキラリと光らせるKSプロデューサー

 「さすがは細川茂樹、鋭いなあ。新しいEXILIMの打ち出しは“人の目を超えて、カメラが美しさをクリエイトする”。まさに写真館がやってくれることをEXILIMがクリエイトしちゃうんですよ! それがカシオの方針なの!」




posted by デジ at | TrackBack(0) | カシオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146047404
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。