人気のデジカメ

パワーショット G16

キヤノンはオートフォーカス(AF)の速度や画質を高め、Wi-Fi機能を搭載したコンパクトデジタルカメラ「パワーショット G16」を発売した。

AF制御を改善し、AF時間は0.10秒(広角端)とG15より41%短縮し、同社のコンパクトカメラで最速となった。

本機は、F1.8という明るさのレンズを搭載したカメラの中では最薄と謳われております。

レンズが明るい(F値が小さい)ということは、必要な光量の取り込み時間が短い→シャッタースピードを速くできる→ブレない&ISO感度を上げずに済む→綺麗で素晴らしい写真が量産されるというメリットになります。

特に夜景なんか撮っていると、明るいレンズのありがたみというのは非常によく感じられると思います。

posted by デジ at | Comment(0) | TrackBack(0) | Canon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

SIGMA APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM

シグマは、ズーム全域でF2.8を実現した大口径望遠ズームレンズ「SIGMA APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM」のキヤノン用の発売日を決定。4月29日より発売する。

2005年7月発売の「SIGMA APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM」の後継機種で、約4段分の補正効果を発揮する独自の手ブレ補正機構「OS」を新たに搭載したのが特徴。また、光学設計もリニューアルしており、新モデルでは、蛍石と同等の性能を誇るFLD(“F” Low Dispersion)ガラス2枚や、SLD(Special Low Dispersion:特殊低分散)ガラスを使用し、さらなる高画質化を図っている。

AF駆動モーターは超音波モーター「HSM」(Hyper Sonic Motor)を採用し、AFスピードの高速化と静粛性を実現。AFからMFへスムーズに移行できるフルタイムマニュアルフォーカスにも対応する。フォーカシングとズーミングは、全長の変化がないインナー方式を採用する。

レンズ構成は18群23枚、最大倍率が1:8.1(f=200mm)、フィルター径が105mm、最小絞りがF22、最短撮影距離が 150〜250cm、最大径が114.4mm、全長が289.2mm(いずれも数値はシグマ用)。 丸型フード「LH1128-01」、ショルダーストラップ、三脚座「TS-31」が同梱される。

posted by デジ at | Comment(0) | TrackBack(0) | Canon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

戦場カメラマン渡部陽一愛用カメラ

戦場カメラマン渡部陽一愛用カメラ



8年愛用のキヤノンEOS
     

 キヤノンの当時のフラッグシップ機。ロゴが光り兵士を刺激しないよう、ボディーを黒テープでぐるぐる巻き。多くの傷が戦場の過酷さを感じさせる。
posted by デジ at | Comment(0) | TrackBack(0) | Canon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

アウトドアレジャーにぴったりな「全天候型スペック」を装備

1.防水性能を備えたアウトドアスタイル
2.気分に合わせてデザインカスタマイズ
3.18シーンがボタンひとつでOK


キヤノン ◇【お買い得】CANON デジタルカメラ キヤノン PowerShot D10 [ PS-D10KIT ]

キヤノン ◇【お買い得】C…

¥39,640(税込)

アウトドアでも使える、ウォータープルーフモデル◇アウトドアレジャーにぴったりな「全天候型スペック」を装備・水深…

キヤノン ◇【お買い得】CANON デジタルカメラ キヤノン PowerShot D10 [ PS-D10KIT ]キヤノン ◇【お買い得】CANON デジタルカメラ キヤノン PowerShot D10 [ PS-D10KIT ]をカートに入れる

posted by デジ at | Comment(0) | TrackBack(0) | Canon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

キヤノンのデジカメ「EOS 5D Mark II」で撮影したドラマ、フジテレビでオンエアへ

キヤノンのデジカメ「EOS 5D Mark II」で撮影したドラマ、フジテレビでオンエアへ

 キヤノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS」で撮影された連続ドラマが4月26日より、フジテレビ系列にてスタートした。地上波で放送される連続ドラマとしては初めて、ドラマ全編を「EOS 5D Mark II」で撮影しているという。

 番組名は、フジテレビ「東京リトル・ラブ」。全国の29局(フジテレビ系+青森テレビ)で放送される。放送は毎週月〜木曜日、24時35分から24時45分までの10分間だ。全88話を予定しているとのことだ。キャストは、夏宇堂氏(シャーユートン)、平方元基氏、山崎樹範氏。

 なお、番組ホームページでは、脚本をオンエア前に無料で公開しているほか、前回の放送分を凝縮し、90秒に収めた動画を毎回無料で配信するとのことだ。






posted by デジ at | TrackBack(0) | Canon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

今一番満足されているデジカメはこれだ!

一番満足されているデジカメはこれ!

シャープな印象のソリッドデザインCanonキャノン IXY DIGITAL 95 IS デジカメ1000万画素カメラ


最安値¥39,800 円

≪ クチコミ ≫
FINEPIX F100fdからの買い替えです。
まず、起動の早さに驚きました。
1秒も掛からないぐらいじゃないでしょうか。
次に液晶の見易さは抜群です。
設定操作もシンプルです。
尚且つ、細かく設定ができるので手動撮影も楽しいです。
逆光にはサイバーショットのW170には及びませんが、
これからもう少しコツを得ていきます。
コストパフォーマンスはかなり高いですよ。
posted by デジ at | Comment(1) | TrackBack(0) | Canon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

人気のデジカメ

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X2 ダブルズームキット

 

商品の説明
12.2メガピクセルCMOSセンサーを搭載した普及型デジタル一眼レフカメラ
さらなる高画質の実現と上位機種並みの機能を備えた普及型デジタル一眼レフカメラ“キヤノン EOS Kiss X2”。普及クラスのデジタル一眼レフカメラでありながら、新開発の約1220万画素CMOSセンサーやライブビュー撮影機能など、最新の技術や機能を惜しみなく投入。年齢や性別を問わず誰もが、いつでも、どこでも気軽に高画質が得られるよう、本格的な撮影からプリントまでを簡単な操作で楽しめる環境を提供する。



≪クチコミ≫
今時のデジタルカメラは、安いモノでも400万画素以上の時代になっています。これまでは画素数だけでデジカメを選んできましたが、コンパクトデジタルカメラを使っていると、明るいところではきれいにとれることが多い機種でも、少しでも薄暮の時間帯になるとざらつきがでる傾向にありました。

撮影した画像を原寸で表示させたりするとぼやけた画像となるばかりで、くっきりとしたシャープな画像とはほど遠いものでした。

あるとき、700万画素の新機種と昔使っていた400万画素のデジカメの写真を
A4サイズの用紙に印刷して比較することがありました。
当然のことながら、新型の700万画素の方がキレイだと思ってきたわけですが、実際には400万画素のデジカメの方がキレイな出来映えになりました。

この原因を調べてみると、画素を構成するCCDの面積の大きさが関係していることがわかりました。400万画素⇒700万画素のように、同じ面積にたくさんの画素を入れ込もうとすると、自ずと画素あたりの面積は少なくなるわけです。

つまり例え画素数が増えても、CCDの面積は技術の進歩に伴い集積度が上がっており、逆に小さな面積になっているのが現実です。つまり1つの画素が占める相対面積は小さくなる一方であり、1つ1つの画素が受光する光エネルギーは小さくなるため、画素自体の感度を上げる必要が生じます。

写真フィルムで説明するとわかりやすいのですが、一般に販売されていたASA100に比べ感度を上げたASA400のフィルムは、高速シャッターを使えるものの、その反面、ざらつきがでやすく、画像が荒れる傾向がありました。これと同じことが今のデジタルカメラの世界でも発生しているのです。

これに追い打ちをかけるようにコンパクトデジタルカメラでは、技術の進歩によりCCDの大きさが1/1.8型 ⇒1/2.5型 と小型化する傾向があり、1つの画素が占める相対面積は益々小さくなっていっています。

一方デジタル一眼レフカメラでは、各メーカーはCCDの物理的な大きさはほぼ同じ大きさを維持しており、有効画素数の増大による相対面積の縮小のみの影響を受けるに止まっています。これにより、コンパクトデジタルカメラで主流になりつつある1/2.5型のCCDに比べ、デジタル一眼レフカメラのCCDはかなり大きく、1つの画素あたりの面積はCanonのEOS X2では約13倍となっており、画像のキレイさに貢献しています。

以上よりデジタルカメラの購入を検討する場合には、感度に通じるCCDの大きさも検討の1つに加え、本機種を使ってその絶大な効果を確認されてはいかがでしょうか。

あと、デジ一眼を使い始めてからも、コンパクトデジタルカメラは予備機として家に置いています。その理由は、
 1.静粛さを要求する場所でも、コンパクトデジタルカメラはシャッター音がしない
 2.大仰な格好にならないので、気軽に写真をとることができる(被写体にカメラを意識させずに写真をとることができる。
などが上げられますが、一方デジ一眼にしかできないこととしては
 1.連続シャッターを切ることが出来ることから、運動会など短時間に見所がでてくるシーンでシャッターチャンスに強い。
となりますので、コンパクトデジタルカメラをお持ちであっても、適材適所で使い分けしていくことが可能となります。

そして、このEOS Kissのすごいところは、
 1.これまでのデジ一眼の欠点だった重量を格段に軽くしたこと
 2.手ぶれ補正のレンズを標準とズームの2本をセットにしたこと
です。

これまでのデジ一眼よりも機動性をもち、気軽にブレのすくない高品質な写真を残すことができるようになります。フラッシュを避けたい子供の寝顔やペット、動物の撮影に効果を発揮すること、まちがいありません。おすすめです。
posted by デジ at | Comment(0) | Canon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

有効1800万画素の新センサー デジタル一眼

有効1800万画素の新センサー デジタル一眼

(税込 79,800 円) 送料込
★『撮影応援キャンペーン』対象商品
期間中(2010年2月26日(金)〜2010年5月5日(水)まで)に対象商品をご購入されますと『撮影テクニック応援キット(DVD&BOOK等)』がついてきます。さらにメーカーへご応募いただくともれなく『EOS Kss おでかけストラップ』もプレゼント!


 キヤノンは、デジタル一眼レフカメラの初級者向け新機種「EOS Kiss X4」を、26日に発売すると発表した。有効1800万画素の新型CMOSセンサーを搭載し、フルハイビジョン解像度(1920×1080ドット)の動画撮影モードをマニュアルで細かく設定できるようにした。

 予想実勢価格はボディーのみが9万円前後、標準レンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」をセットにしたレンズキットが10万円前後、中望遠レンズ「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS」のレンズキットが13万円前後、EF-S18-55mm F3.5-5.6 ISと望遠レンズ「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」のダブルズームキットが13万円前後の見込み。

 09年4月に発売した前機種の「EOS Kiss X3」は有効1510万画素のCMOSセンサーを搭載していたが、EOS Kiss X4は新たに自社開発した有効1800万画素CMOSセンサーを採用した。この高画素センサーと画像処理エンジン「DIGIC 4」を組み合わせることで、常用設定できるISO感度をEOS Kiss X3のISO100〜ISO3200からISO100〜ISO6400まで引き上げた。暗い場所でも美しく手ブレの少ない写真を撮影できるという。

満足価格!176,599円 (税込 185,429 円) 送料別

 動画撮影の「EOSムービー」機能は、絞り数値、シャッター速度、ISO感度を自由に変更できるマニュアル露出機能を備える。背景をボカしてペットや人物を目立つように撮影したり、ISO感度を高くして暗い場所でもブレの少ない動画を撮影したりできるようにした。また、センサー中央部の640×480 ドットのエリアだけを使い、約7倍のズーム効果を得る「動画クロップ」機能も新たに搭載する。この機能を利用した場合、動画の解像度は640×480ドットになる。

posted by デジ at | TrackBack(0) | Canon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

全機種にフラッシュ自動調整機能 小型デジカメ新製品

全機種にフラッシュ自動調整機能 小型デジカメ新製品

販売価格30,980円 (税込) 送料込

 キヤノンは、コンパクトデジタルカメラの新製品として「IXY」シリーズ3機種、「PowerShot」シリーズ3機種を発売した。撮影状況に応じてフラッシュの光量や絞り値、シャッタースピードなどを自動で調整する「ぴったりフラッシュ」機能を全機種に搭載するなど、オート撮影機能を強化した。一部の機種では2種類のシーンモードを追加し、変わった表現の写真を手軽に撮影できるようにした。

■「IXY 10S」は3.5型液晶でタッチパネル操作


 「IXY 10S」は1410万画素CCDを搭載する高機能モデル。背面は3.5型ワイド画面の大型タッチパネル液晶だけでボタン類はなく、メニュー操作やフォーカス指定などはすべてタッチパネルを使う。ぴったりフラッシュ機能のほか、風景をミニチュアサイズのジオラマ風に撮影する「ジオラマ風」モード、魚眼レンズで撮影したような効果を出す「魚眼レンズ風」モードを追加した。

 同じく1410万画素CCDを搭載する「IXY 400F」は厚さ17.8ミリで、IXYシリーズでは最薄という。ジオラマ風モードと魚眼レンズ風モードを備える。普及型モデルの「IXY 200F」は1210万画素CCDを搭載する。
posted by デジ at | TrackBack(0) | Canon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

キヤノン、1800万画素CMOSセンサーを搭載した「EOS Kiss X4」を発表

キヤノン、1800万画素CMOSセンサーを搭載した「EOS Kiss X4」を発表

\86,200円 (税込 90,510 円) 送料込

キヤノンは、デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X4」を2月26日に発売する。パッケージ形態は、本体のみ(予想市場価格約9万円前後)、標準ズーム「EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS」が付属するレンズキット(同 約10万円前後)、「EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS」および「EF-S 55-250mm F4-5.6 IS」が付属するダブルズームキット(同 約13万円前後)に加え、「EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS」が付属する新キット(同 約13万円前後)の4パターン。ボディカラーはブラック。

本機は、同社デジタル一眼レフにおけるエント リーモデル「EOS Kiss X」シリーズの最新機種。APS-Cサイズの1800万画素CMOSセンサーを搭載、ISO6400(拡張12800)までの高感度対応や3.7コマ/秒 の高速連写といったスペック向上とともに、設定が一覧表示された背面液晶モニターを見ながらダイレクトな設定変更操作が行える「クイック設定画面」など、 さらなる使いやすさの向上に配慮されている。

新たなUIとして、液晶モニター右上に「LV撮影/動画撮影ボタン」が追加された。これを押 すことで、どの撮影モードからでもライブビューが一発起動する。従来機ではシーンモードを含む簡単撮影ゾーンのライブビュー撮影が不可能だったことを考え ると、EOS Kiss X4はライブビューの応用範囲を大きく広げたといえるだろう。

また、ライブビュー時もシャッターボタン半押しで のピント合わせが可能。加えて、画面の任意の位置(画面最周辺部を除く)にAFフレームを置ける「ライブモード」、最大35人までの顔を検出してピントを 合わせる「顔優先ライブモード」、AFセンサーを活用した高速な「クイックモード」の3種類のAFをサポート。ライブビューでのピント合わせも容易になっ た。

なお、動画モードで「LV撮影/動画撮影ボタン」を押すと、その場で録画がスタートする。その動画モードにおいても、従来機「EOS Kiss X3( /news/2009/03/25/026/ )」を上回る最大30fpsのフルHD動画、60fpsのHDおよびSD動画撮影が可能となっている。

また、表現の可能性を広げるマニュ アル露出や、オプションの外部マイク接続など、動画撮影機能は上位機種の「EOS 7D( /news/2009/09/01/025/ )」とほぼ同等。さらにEOS Kiss X4では、センサー中央部の640×480領域のみを使用して約7倍のVGA動画を撮影する動画クロップ撮影が可能だ。

背面液晶は3.0型ワイドクリアビュー液晶。サイズこそX3と同等ながら、92万ドットから104万ドットに高精細化するなどグレードアップしている。しかも、液晶部のアスペクトが撮影画像と同じ3:2のため、画面全体を使って画像を大きく表示することができる。

無線LAN内蔵SD型カード「Eye-Fi」にも対応した。Eye-Fiカードを挿入すると自動的に認識され、オートパワーオフが転送優先に切り替わり、転送ステータスがモニターに表示される。

本体サイズは128.8(W)×97.5(H)×75.3(D)mmで、重さは475g。

posted by デジ at | TrackBack(0) | Canon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

キヤノンが増収増益

キヤノンは27日、2010年12月期の連結業績(米国会計基準)について3期ぶりの増収増益とする予想を発表した。

[デジカメ拡大、複写機・露光装置も巻き返しへ]

 主要部門別の売上高予想では、複写機やプリンターなど「オフィス部門」で前年比7%、デジカメを中心とする「コンシューマ部門」で同5.3%、半導体製造用露光装置など「産業機器その他部門」で同12.1%と、ぞれぞれ増収を見込む。

 回復基調がいち早くみられているデジカメについては今期も販売を強化する。10年12月期の世界市場規模は、前年比5%増の1億2100万台(う ち一眼レフが同5%増の1070万台)と予想。同社は、市場平均を上回る6%増の2570万台(うち一眼レフは同6%増の470万台)の販売を計画。09 年12月期の実績は同6%減の2410万台(うち一眼レフは同16%増の440万台)だった。 

キャノン主力人気機種と言ったら
PowerShot G11 IXY DIGITAL 930 IS  PowerShot S90




posted by デジ at | TrackBack(0) | Canon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

このデジカメなら二台目でも満足です

やっぱり一番売れているのはIXY DIGITAL 930 ISですね。


「クチコミ情報」

最近930を買いました。

デジタル一眼レフを使っていて、設定をいじるのは好きなんですけど、パッっと出して、パッっと撮りたくて、買い増ししました。

なにも考えず、電源入れて、それなりに撮れて気に入っています。

私はタッチフォーカスがいいな〜と思って買ったのですが、慣れると使い勝手がいいですよ。

自分のデジカメを持ったことがない彼女さんなら、比較はたぶん携帯のカメラだろうから、人気機種からなにを選んでもきっと喜んでくれるんじゃないかな〜と思います。

好きな色とかで選んで、サプライズで渡しても喜んでくれるかもしれませんよ。
  
プレゼントにも「 ありがとう 」と喜んでくれる顔が魅力的ですよね。
posted by デジ at | Comment(0) | TrackBack(0) | Canon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

デジタル一眼が世界三大カメラ賞で3冠

デジタル一眼が世界三大カメラ賞で3冠を達成したキャノン

 

 キヤノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark2」が欧州で権威のある映像・写真関連の賞「EISAアワード」を受賞した。日本の「カメラグランプリ2009大賞」、欧州の「TIPAベストエキスパートデジタル一眼レフカメラ2009」を受賞しており、世界三大カメラ賞で3冠達成した。

 キヤノンが世界三大カメラ賞を受賞したのは2003年にプロ向けのデジタル一眼「EOS 1Ds」を受賞して以来6年ぶり、4機種目。

        

 
posted by デジ at | Comment(0) | TrackBack(0) | Canon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

お手ごろセカンドレンズ

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II



【クチコミ】
マネさん
 ボケる「度合い」は非常に大きく、ファインダー像も、明るくはっきり。
F値の暗いズームレンズに慣れている方は「ファインダーを覗く楽しさ」(=一眼レフの醍醐味の大きな一つ)を改めて感じることでしょう。

しかし、ボケ方は「ふんわり」とはいかず、いわゆる「二線ボケ」が顕著なレンズです。
絞り羽根はたったの五枚(!?)。ボケた点光源はとーぜん五角形に…せめて六角形だったらと思いますね。

“フツーに使う”と、ピントの合っていない背景などでは、輪郭が「ギザギザ」に出ます。
これは、シグマ 50mm F1.4 EX DG HSMや、EF50mmF1.4USMなどの「やわらか」く「美しい」といわれるボケ方とは比較になりません。
こういうところで、値段の差ははっきり表れています。レンズマウントもプラスチック製だしね(比較すること自体がかわいそうか…。こんなに安いレンズ、他にないんだから!)。

としさん
 このレンズを使用したところ、とにかく明るい!という印象です。人物を撮る際に絞りを開放付近にすると背景をいい感じにぼかすことができます。また、明るいレンズですので、結婚式等室内の撮影にも適しています。

ただ、各所にコストダウンを追求した結果のチープさが目立ちますが、機能的には、まったく問題ありません。また、構造がシンプルということもあり、AFスピードが速く使いやすいレンズです。気付けば、現在私の手持ちレンズのなかで、一番活躍しているレンズです。

このレンズの面白さを知ってしまった私は、その他のレンズにも目が移っています。この次は、山を撮るためのワイド、そして子供の運動会用に白レンズ。。。
だんだんレンズ沼にはまってゆく自分が怖い今日この頃です。。。。
posted by デジ at | Comment(0) | TrackBack(0) | Canon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

ついに発売!キヤノンEOS Kiss X3

【作例写真掲載】ついに発売!キヤノンEOS Kiss X3を最速レビュー

 小型軽量ボディーと手ごろな価格で人気のキヤノン「EOS Kiss」シリーズ。昨年発売の「EOS Kiss X2」は、初めての一眼レフからハイアマチュアのサブ機として好評だが、わずか一年で上位モデルの「EOS Kiss X3」が登場した。今回大きくスペックアップしたのは、この価格帯では最高クラスの1510万画素CMOSセンサーと、フルHDの動画撮影機能だ。

 各社競争の激しいエントリークラスとはいえ、短期間に大幅なバージョンアップを果たした「X3」。その実力やいかに?




続きを読む
posted by デジ at | Comment(2) | TrackBack(0) | Canon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

キヤノン デジタルカメラIXY DIGITAL 920 IS ゴールド

キヤノン デジタルカメラIXY DIGITAL 920 IS ゴールド




『クチコミ』


ツヨシくん
正直使いやすくてビックリしました。またオートの機能があって初心者でも安心して使えるデジカメですね。また、撮った写真も綺麗で文句の付けるところがないのが本音です。
是非体感して下さい。

ジュンコさん
3年前のデジカメは手振れ補正モードにすると高感度になり、ノイズが非常に目立ちました。

逆に、画質が落ちないようISO感度を下げると、フラッシュ撮影で顔が白っぽく、
不自然な写真が多くなってしまいました。

今度は子供たちの表情を自然に撮りたいと思い、
暗部補正や光学式手振れ補正、顔認識、新しいDIGIC4がついた920ISを選択しました。
使い始めてみると、なにげない一枚が非常に美しいので驚きました。
以前のカメラとの違いは、一目瞭然です。

フラッシュ撮影でも顔色が自然で、ただただ感心です。

暗部補正をかけると、室内の四隅も明るくなり暖かい雰囲気の写真が撮れます。
特に逆光の時に有効で、顔が明るく写ります。

暗部補正が効きすぎに感じる時もありますが、(もちろん良い場合も多い!)
ボタン登録で簡単にON・OFFできます。

流行のシーン自動認識機能はありませんが、オート撮影だけで十分きれい。
動画もなめらかで非常に満足
毎日手元において撮りまくっています。

posted by デジ at | Comment(0) | TrackBack(0) | Canon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

人気のデジカメ



PowerShot G10

00500211327.jpg

クチコミ
LX3、P6000と一緒にテストを含めて400枚程撮影しました。
1D3のサブとして、また出張時はG10のみで風景からスナップ撮影を行います。

続きを読む
posted by デジ at | Comment(0) | TrackBack(0) | Canon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

人気のデジカメ



IXY DIGITAL 920 IS

00500211326.jpg 


■デザイン
ゴールドは、写真で見るよりいい色だと思います。
私は現在使っている900ISがシルバーだったため、同じくシルバーにしましたが、
ゴールドのほうが売れているようですね。
個人的には3000ISのような黒がほしかったのですが。
色以外では、大きすぎず小さすぎず、また重すぎず軽すぎず、
良いと思います。
ただ、今まで同様、フラッシュが右上についているため、
たまに押さえている左手の中指で隠してしまうことがあります。
920ISになって、なぜかフラッシュが小さく(細く)なり、
更に隠れやすくなってしまっているような。。
他社のように、真ん中か、少し右辺りにつけてほしいですね。

■画質
カメラド素人なのであまり多くは語れませんので、個人的な意見をm(__)m
900ISのときも思いましたが、他者と比べてこれといった欠点がないのは
キヤノンの良いところではないでしょうか。
900ISや910ISの際にひどかった端の歪みも、かなり良くなったのではないかと思います。
現在キヤノンを使用されており、新しいデジカメの購入を検討されている方には、
間違いなくお勧めできると思います。

■携帯性
上記デザインでも書きましたが、持ち運びに不自由等はありません。
デジ一持っている方でも、気軽に持っていけるセカンド機として
良いのではないでしょうか。

■液晶
とてもきれいです。
ニコンのS710の液晶がもう少しきれいであればそちらを選んだかもしれないのですが、
他社と比べてもとてもきれいな液晶は、購入を決断した大きな理由の一つでもあります。
(R10と比べたら、向こうのほうが上かな?まあこれも人それぞれの好みかもしれませんね。)

■ホールド感
ボディ左端が反り返っていて、フィット感は良いと思います。
900ISよりは向上したのではないかと思います。
(900ISも、特に持ちにくいと感じたことはないのですが。)

総合的に見ても、とても安定した素晴らしい機種だと思いますので、
満足度は5にしました。
当面はこれを使用していきたいと考えております。
posted by デジ at | Comment(0) | TrackBack(0) | Canon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

JTT Canon用デジタルカメラNB-6L互換バッテリー MBH-NB-6L

JTT Canon用デジタルカメラNB-6L互換バッテリー MBH-NB-6L

JTT Canon用デジタルカメラNB-6L互換バッテリー MBH-NB-6L

JTT Canon用デジタ…

¥2,740(税込)

★安心の「3ヶ月保証」付 ★過充電、過放電、過電圧、過電流、ショートを防止する保護回路が付いているので万が一の…


posted by デジ at | Comment(0) | TrackBack(0) | Canon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。