人気のデジカメ

最短0.1秒の高速AFを実現したデジタルカメラ CX6

最短0.1秒の高速AFを実現したデジタルカメラ CX6 リコー



【望遠撮影のフレーミングが容易に、ズームアシストモニター】

 93 mm以上の望遠撮影の際に、液晶モニターに85mm相当の小画面を同時表示する表示モード「ズームアシストモニター」を搭載しました
 フレーミングしている位置を常に確認できるので、望遠撮影がより使いやすくなります

【モードダイヤルに「絞り/シャッタースピード優先(A/S)モード」を搭載】
 より撮影の自由度が広がる、絞り優先(A)モードと、シャッタースピード優先(S)モードを搭載「開放」と「小絞り」の選択によって「マクロ撮影時に被写体を際立たせたい」といったような撮影や、シャッタースピードを調節して「動きのある被写体の一瞬を切り取りたい」、「被写体の動感を際立たせたい」といったような撮影にも対応できるようになり、より豊かな表現が可能になりました

【28〜300mm光学10.7倍ズームに加え、最大600 mm相当の超解像ズームを搭載】
 リコー独自のリトラクティングレンズシステムにより、光学10.7倍広角・高倍率ズームレンズを、厚さ28.5 mmのコンパクトなボディに搭載しています
 また、最大2.0倍のズームが可能な超解像ズームにより、600mm相当まで画質の劣化を抑えての望遠撮影が可能です

【超解像技術やノイズリダクション機能による表現領域の広い高画質撮影】
 暗いシーンの撮影に力を発揮する裏面照射型1000万画素CMOSセンサーと、解像感や階調特性、彩度をそのままにしてノイズを低減するノイズリダクション機能により、あらゆる場面において高い描写力を発揮します



posted by デジ at | Comment(0) | TrackBack(0) | リコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

RICOH PX

RICOH PXは、気軽に使える安心設計に加え、被写体に応じて最適な撮影を行うことができる撮影機能と高速起動により、いつでもどこでも写真撮影を楽しむことができます。また1600万画素の高精細CCDセンサーと画像処理エンジン「スムースイメージングエンジンIV」を搭載することで、高精細画質を実現しています。



さらに操作性と携帯性にもこだわったフルフラットの新たなデザインを採用することで、持ち運びしやすく、オプションのプロテクションジャケットとカメラ本体のボディカラーとの組み合わせを楽しむことが可能です。



 RICOH PXは、従来からのリコーデジタルカメラの根底に流れる画質思想を受け継ぎながら、リコーデジタルカメラの新しいシリーズとして、気軽に簡単に写真撮影を楽しんでいただけるコンパクトデジタルカメラです。

1.いつでもどこでも気軽に使える安心設計 ―防塵・防水・耐衝撃性を完備

2.サッと取り出してサッと撮る、シャッターチャンスを逃さず簡単撮影

3.1600万画素の高精細CCDセンサーで高解像画質を実現

4.28〜140mm光学5.0倍ズームに加え光学10倍相当のSRズームを搭載

5.撮影がもっと楽しくなるプレミアムショットモード

6.撮った後も見やすい再生機能

7.便利に使えて楽しめる充実のオプション

8.写真がもっと楽しくなる多彩な機能


posted by デジ at | Comment(0) | TrackBack(0) | リコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

デジタルカメラCX4

デジタルカメラCX4

 このCMでは、リコーデジタルカメラの提唱するブランドコンセプト"Candid Photo(キャンディドフォト)”を、「アングルを変えると、新しい自分が見えてくる」というキャッチフレーズで表現しています。また、映画「マトリックス」などで使われているタイムスライス(バレットタイム)というSFX撮影手法を使い、大胆な演出でリコーのデジタルカメラの世界観を表現しています。

   

 CX4は、中判カメラのような正方形フォーマットのアスペクト比(画像縦横比)1:1モードや、ワイドテレビで撮影画像を楽しむのに便利なアスペクト比(画像縦横比)16:9モードでの撮影が可能。いつもとはひと味違う表現が楽しめます。

          

 「GXR」は、ボディ内部に撮像素子を持たず、「レンズ、撮像素子、画像処理エンジン」が一体となったカメラユニットを、ボディにスライドイン・マウント方式で着脱することにより、レンズ交換ができる画期的なユニット交換式カメラシステムです。

       

 拡大してはじめて気付く美しい世界。背景をぼかしたフォトジェニックな表現。マクロ撮影は写真の楽しさを教えてくれます。CX4は、広角側で1cmまで、望遠側で28cmまで被写体に近づけるので、マクロならではの迫力のある撮影が楽しめます。

posted by デジ at | Comment(0) | TrackBack(0) | リコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

RICOH CX1 7.1倍ズームデジカメ

7.1倍ズーム付高倍率でシックなデジカメ

ダイナミックレンジダブルショットモード/マルチパターン・オートホワイトバランス機能/連写モード/光学7.1倍ズーム/3.0型液晶モニターを備えたコンパクトデジタルカメラ(929万画素)。



[購入者からひと言]

当初、フジフィルムF60fd、F200EXR、パナソニックFX40、カシオZ400、FC100、キャノン510IS、820IS、920ISなどと比較しかなり悩みましたが、結論は当初念頭には全くなかったリコーの「CX1」で決着。

連写機能や色合いなどを気にしながら探していたら、このカメラに行きつきました。ヨドバシカメラやビックカメラなどで店員さんの説明を受け衝動買いに近い状態でした。

結局、ネットの安い店で買いましたが(送料無料,代引き手数料315円)、ヨドバシカメラやビックカメラと比べても販売価格で1万円以上安いし、ポイント還元分を考慮してもそれらよりも安く買えました。(ポイント還元30%の場合と同等。でもこれは交渉してもありえない。)
ヨドバシカメラやビックカメラで価格交渉をすることも考えましたが、家電にしてはそれほど高い買い物ではないので、交渉するまでもなくネットで買いました。

◆良い点
(1)色合いに偏りが少ない
(2)背面の液晶(3インチ)が非常に綺麗 ←これにだまされてる?
(3)連写機能がすごい(最大120コマ/秒,VGA。フル画質でも4コマ/秒)
(4)室内の暗いところでも比較的上手く撮れそう(まだテスト段階ですが)
(5)起動が早いのでシャッターチャンスを逃さない。

◆悪い点
(1)顔認識が遅い(なくても不自由しない)
(2)比較的重い(気にならない範囲)
(3)予算よりも少し高い(楽天ポイントを充当することで打破)

◆その他
(1)プレー中(バドミントン)の撮影で連写機能が活躍しそう。
(2)クチコミ情報によると、初心者よりもマニア向けのカメラとのなので撮るのが楽しくなって、これを機にカメラ小僧になってしまうかも。
(3)価格.comのデジタルカメラ売れ筋ランキングで1位(2009年5月下旬から連続中)。
(4)自分の意向に合わなければ転売して買いなおすことを考えて5年保証をつけて購入。でも、キャノンパワーショットS45からの6年ぶりの買い替えなので、ちょっとくらい撮りにくいことがあっても気にならないから大丈夫かも。

◆余談(他機種のこと)
(1)フジフィルムF60fd、F200EXR
 比較的暗いとされる室内撮影に定評があるが、撮った時の液晶画面で見た感じでは画像が非常に薄暗く、「見たまま撮影」と歌っているがホントか?という感じだった。
 しかし、ストロボ発光と発光なしとの高感度2枚連写する機能には最後まで引かれた。
 静止画の再生時にCPUが遅いためか、ぼやけた感じから綺麗な状態になるのが気に入らない。

(2)パナソニックFX40
 とても軽いし、撮った感じがとても明るく、そのまま撮影できている感じがとても良かった。
 しかし、ネットでは画質が・・・とか書かれているのでやめた。

(3)カシオZ400、FC100
 連写機能が気になって最後の最後まで悩んだが、赤がオレンジ色に写るなどAWB(オートホワイトバランス)が信用できない感じが否めない。色合いはマニュアル(手動)でAWBを調整すれば良い事だが、毎回する手動調整をするのは実用的ではない。
 再生時にはサクサクと動くのが魅力の一つ。
 FC100の30枚/秒(フル画質)は魅力だがレンズが暗い(F3.6)ので室内撮影には向かない。

(4)キャノン510IS、820IS、920IS
 好みだと思うが、操作性が悪いような感じがした。
 ネットでの評判は良いので、本当は良いのだと思います。

posted by デジ at | TrackBack(0) | リコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

ノイズリダクション機能速攻チェック!

裏面照射CMOSや新しいノイズリダクションアルゴリズムなどを採用したコンパクトデジタルカメラ(1000万画素)

 特価38,380円 (税込 40,299 円) 送料込

リコーが発表した新型コンパクトデジカメ「CX3」。従来モデル「CX2」のデザインや豊富な機能性を継承しつつ、新たに「1000万画素の裏面照射型CMOSセンサー」と、「GR DIGITAL III」に搭載されたノイズリダクションのアルゴリズムを採用した新型の「ノイズリダクション機能」を搭載し、高感度撮影時の低ノイズを期待できるデジカメに仕上がっている。

特に、「ノイズリダクション機能」は、従来の「OFF」「AUTO」「弱」「強」に加えて、撮像素子が捉えた画像データのノイズ分布を解析し、領域別に最適なノイズ低減処理を行う「MAX」という新しい設定が追加されており、要注目! 

posted by デジ at | TrackBack(0) | リコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

リコーCX2

CX2
ダイナミックレンジダブルショットモード/マルチパターン・オートホワイトバランス機能/毎秒5コマの連写モード/光学10.7倍ズーム/3.0型液晶モニターを備えたコンパクトデジタルカメラ(929万画素)。価格はオープン

価格 27,800円 (税込) 送料込

≪ くちこみ ≫

やっとCX2を購入いたしました。

CX1の頃(かなり前ですが…)から悩んでいましたが、昨年末に程よく
値段も下がって(自分の目標価格は3万円以下)来たので大阪のヤマダ電機で
33500円の20%ポイント+純正ケースと純正ストラップ付きでした。
ポイントは値引きとはあまり意識していませんでしたが、純正のバッテリーを
購入するつもりだったので今回(何時もはヤマダ電機で購入時も現金値引きに
して貰っていました)は値引き相当と考えることにしました。

一般デジタルカメラユーザーですが、CX2を使用して率直な感想です。

以前まで使用していたカメラは
キャノンのIXYデジタル600を2年程←現在は使っていません。
キヤノンG9を2年少々です。←現在はCXと併用中です。
上記の機種はCCD1/1.8型(1/1.7?)だったので今回のCX2は
CMOS1/2.3型なので少し画質面でどうなのかな?と思っていました。

前置きが長くなりましたがCX2の感想です。
(以前のカメラキヤノンG9と比較しての感想です)

 気に入っている所

1. 光学ズームが10.7倍(まだ発揮できていませんが…)
2. 連写速度が5コマ/秒(最大サイズでの連写はとても魅力です)
3. モニター液晶が92万画素(とても観やすくなりました。屋外ではそれなりですが…)
4. 夕暮れ時等の撮影時にブレが少なくなったように感じます。
5. ボディーが軽い・コンパクト(G9と比較したら当然ですが…)
6. 光学ズームからデジタルズームには一端ズームが停止してくれる。 
 
 使いにくくなった所・気に入らない所

1. レンズ周りの下の部分が切れてしまっているところがとても気になりました。(今回は目をつぶることにします)
2. 電源を切って撮影画像をモニターしていてシャッターボタンを押しても撮影出切る状態にならないこと(緑マークの再生ボタンを押すとレンズが出てきます。これは意味不明でした。)
3. オリジナルの画像管理ソフトが使いにくい。

今のところはこれくらいでしょうか。
メーカーも違いグレードも違うので比較にはならないかも知れませんが、これからCX2
で色々撮影を楽しみたいと思います。
posted by デジ at | Comment(0) | TrackBack(0) | リコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

人気のデジカメ

RICOH R10





クチコミ
(佐藤さん)
こちらのサイトで近所の量販店よりもで安く購入しました。

私はデジカメを買うのは初めてだったのですが、この値段でその性能に驚きました。

まず携帯性として、個人的にではありますが、本体は、イメージ写真よりも意外に厚さもなくスリムに感じました。

機能性は、レンズやフラッシュがカメラらしくしっかりとしており、イージーモードでは初心者でも様々なシーンが綺麗に撮れるものでした。そしてマクロにも挑戦できました。その他取り方のパターンが多数備わっています。

操作性も、ボタンの位置などが使い易く覚えやすかったです。

液晶も大きく、鮮明できれいでした。

それから...
続きを読む
posted by デジ at | Comment(1) | TrackBack(0) | リコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

人気のデジカメ


RICOH R10

0008.jpg


クチコミ

写真の詳しい知識が無い者として、購入後3カ月の感想。

続きを読む
posted by デジ at | Comment(0) | TrackBack(0) | リコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

人気のデジカメ

00502011252.jpgRICOH R8

クチコミ

発売時からずっと気になるカメラでした。

R10も発売され迷いましたが、ようやく手に入れました。
ツートンを選択しました。クラシカルな雰囲気で気に入っています。

特筆すべきは、操作性がとても良い事です。
「今!この絵!」と思う時、オートはもちろんですが、少し自分流にしたい場合も直感的に操作できます。もっとカメラに慣れれば、ますます良くなると思います。今後が楽しみです。
また、皆様が書き込んでおられるように写真を撮るのが、楽しいカメラです。

画質も自然です。発色はややあっさりめですが、個人的にはその方が好みです。

私にとって手放せない1台となりました。

クチコミ 2
個人的な意見として受け止めてくださいね。
自分は、R8のデザインに先ず惚れこんで、またリコーのカメラにも
興味がありましたので、まったく悩まず購入したのですが。
ほぼ自分の思っていた通りの満足感を得られました。
気に入ったモノを所有した満足感からか、進んで写真を撮ろうと思う(思わせる)
魅力がR8には有ると思います。

両方購入されるのも一つの選択ですし、両方の至らない部分をそれぞれ
使い分けるのも良いとは思いますが、両機では被る部分の方が多いと思いますから
私だったら買いません^^

お伺いしますが、ろでむ。さんは率直にスペックでは無くモノとして見た場合には
どちらの機種に、より魅力を感じるのでしょう?
またスペック的には、望遠撮影と接写のどちらに魅力を感じるのでしょう?
見てくれや、持った時の感触や重さ、操作感などなど、感性に訴える部分は
ある意味、スペック以上に大事だと思います。

ご承知の通り、手ブレ補正機能や顔認識の性能部分は、TZ-5の圧勝でしょう。
オールマイティーさを優先させる(させる理由が有る)のであれば、TZ-5になさった方が無難です。
R8は、より趣味性が高いと勝手に思っておりますが、ふつうにオートでも撮れますし
上記以外については、それほど差がないようにも思います。
また、もしもR8の方に魅力をお感じならば、現状カラバリ的にも購入困難でしょうし
より性能の上がったR10もお考えになっては如何でしょうか。
両方買うと思えば、金額的にも可能じゃないかと ^^


posted by デジ at | Comment(0) | TrackBack(0) | リコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。