人気のデジカメ

LUMIX GM



 パナソニックがLUMIXシリーズのレンズ交換式モデル「DMC-GM1K」を発表しましたね!「LUMIX G VARIO 12-32mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.」が付属するレンズキットですって

 約W98.5×D30.4×H54.9mmというレンズ交換式カメラとして最小となるボディサイズを実現という事で、かなり小さいカメラになっていました! Pentax Q7と同じくらいでしょうか?

 そして1番のポイントは、ボディ内手ブレ補正ですね。この小ささで!ルミックスユーザーには嬉しいポイント!



posted by デジ at | Comment(0) | TrackBack(0) | パナソニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

NEW! 世界初

 高画質性能が生み出す美しさを、3.5型92万画素液晶で鮮明に再現。また、3.5型の大画面を活かし、撮影時のスルー画面を隠すことなくミニレビューが表示できる新表示や、再生時プレビューの100画面マルチ表示などが可能に。上180度、下55度の上下チルト機構により、様々な撮影スタイルに対応しています。
 
kdshsfnmk498dks.jpg

 カシオがハイスピード EXILIM シリーズの新フラッグシップモデル EX-10 を発表しました。

 一度のシャッター操作により9種類の設定で同時撮影する「2軸ブラケティング」など、プレミアムブラケティング機能を搭載します。



 レンズ一体型デジタルカメラにおいて、「ホワイトバランス」と「明るさ」など2種類のパラメータによるブラケティング機能


posted by デジ at | Comment(0) | TrackBack(0) | カシオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

パワーショット G16

キヤノンはオートフォーカス(AF)の速度や画質を高め、Wi-Fi機能を搭載したコンパクトデジタルカメラ「パワーショット G16」を発売した。

AF制御を改善し、AF時間は0.10秒(広角端)とG15より41%短縮し、同社のコンパクトカメラで最速となった。

本機は、F1.8という明るさのレンズを搭載したカメラの中では最薄と謳われております。

レンズが明るい(F値が小さい)ということは、必要な光量の取り込み時間が短い→シャッタースピードを速くできる→ブレない&ISO感度を上げずに済む→綺麗で素晴らしい写真が量産されるというメリットになります。

特に夜景なんか撮っていると、明るいレンズのありがたみというのは非常によく感じられると思います。

posted by デジ at | Comment(0) | TrackBack(0) | Canon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

富士山

156f1g56fd1fff.jpg



posted by デジ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

写真を切手に

 写真を切手の形のシールなどに印刷できる。パソコンとインクジェットプリンターがあれば、カメラやスマートフォンで撮影した写真を手軽にシールに残せる。

 シールの形は切手のほか、映画フィルムや余白にメモが書けるインスタントカメラ風など8種。若い女性を中心に旅行や外食の思い出を手帳やノートに記録する習慣が広がっているとみて、写真用シールのラインアップを拡充した。はがき大のシート5枚入り。同社の無料印刷ソフト「ラベル屋さん9」を使うと、ウェブサイトで写真の配置や印刷の設定ができる。



人気のデジカメ

posted by デジ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のデジカメ

Wi-Fi(無線LAN)通信機能に対応した軽量ミラーレス一眼

 撮像素子は、X-Pro1やX-E1と同じくAPS-Cサイズの「X-Trans CMOS センサー」を採用。ローパスフィルターを省略して解像感を高めつつ、カラーフィルターを不規則に配列することでローパスフィルターレスで起こりやすかったモアレや偽色の発生を抑える。画像処理エンジンは「EXRプロセッサーII」を搭載。起動時間約0.5秒、シャッタータイムラグ約0.05秒、撮影間隔約0.7秒、連写5.6コマ/秒と高速なレスポンスを実現している。

 X-Pro1やX-E1に匹敵する撮影性能を保持しつつ、本体サイズはW116.9×D39×H66.5mm、本体重量約280gと、小型・軽量化が図られている(本体重量はバッテリー、メモリーカードを含まない)。また、さまざまな撮影モードを素早く設定できるように「モードダイヤル」を搭載。コマンドダイヤルも2つ搭載し、親指1本で絞りやシャッタースピード、露出補正などを調節できる操作性も特徴となっている。 



 さらに、Wi-Fi(無線LAN)通信機能に対応しており、撮影画像をスマートフォンやタブレット端末などのWi-Fi対応機器に転送できる「スマートフォン送信」機能を「FUJIFILM X」シリーズで初めて搭載した。利用には専用アプリ「FUJIFILM Camera Application」が必要となる。

posted by デジ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 富士フイルム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。